菓子博物館
Arista Museum

ポケット菓子箱

キャラメルなどのお菓子のパッケージ

渡辺ミルクキャラメル(33×22cm)、渡辺チョコレート飴(34×28cm) New!

昭和初期のポケット物のキャラメルなどはこういった大箱に詰められてメーカーから卸店に運ばれた。

クロベエアメ(ポケット物100個入用) 昭和初期 (28×34cm)

キャラクターは「のらくろ」で有名な田河水泡の「凸凹黒兵衛」

スポーツキャラメル/今村製菓 (昭和初期)

裏面に「国民の体力増進を期し、『スポーツマンシップ』を推奨する…」とある。

フランスキャラメル/不二家 (昭和30年頃)

フランスキャラメルは昭和9年の発売。
パッケージは当時の人気子役シャーリー・テンプルがモデル。

アーモンドチョコレート/江崎グリコ

昭和33年の発売当初のパッケージ。
アーモンドがそのまま入っているのが画期的だった。

森永チューレット/森永製菓

昭和31年発売。食べられるチューインガムとして人気があった。
現在のハイチュウの前身。

ミルキー/不二家 (昭和30年頃)

昭和27年発売のロングセラー。
昭和30年頃のペコちゃん、ポコちゃんの顔を現在と比べるとおもしろい。

TOP